ミックオーミックの歴史

【1985年、ドイツで誕生】

■ 1985年 建築家・プロダクトデザイナーのKlaus Micklitz(クラウス・ミクリッツ)の手により誕生
■ 1995年 世界的なデザイン賞「If Design Award」受賞
■ 2004年 ニューヨーク近代美術館(MoMA)収蔵

デザインや色は創られた頃からほとんど変わらず、発売以来30年以上にわたりドイツ本国はもとより、 ヨーロッパ、アメリカで愛され続け、数々の賞を受賞しています。
ヨーロッパでは、国際線の機内販売で広まりました。


【世界へ発信、日本にも多くのファンが】

ミックオーミックは、ドイツ生まれのアーティスティックな知育玩具として、 また大人のおしゃれなコレクションとして、今では世界中で幅広い年齢層の方に愛されています。
現在、日本国内では株式会社ジオジャパンが総代理店となり、日本の皆様へご紹介しております。

ドイツ・ミックオーミックwebサイト
https://www.micomic.co.uk/

ミックオーミック生産基準

ミックオーミックのメーカーであるシェイファー・トイ・カンパニーは、「品質」と「安全性」を最も重要な要素と捉え、ミックオーミック製品の全てを厳しい生産基準に従って製造しています。
ミックオーミックは、玩具安全基準「European Directive 88/378/EG (Safety of toys)」「EN71 part 1, 2, 3 and 9」「Foods and Commodities Ordinance」「Ordinance on Hazardous Substances」に合格している他、ICTI(各国の玩具業界団体の連盟である玩具産業国際協議会)基準によるテストも行われています。

Schäfer Toy Company

「“あそび”イメージを膨らませる色と形の世界。たとえば自然に触れるような、見ること・触れることの美しさ。それらは私たちを幸福にし、私たちが知らない、感情よりも深い感情を育成する。」

メーカーであるSchäfer Toy Company(シェイファー・トイ・カンパニー)は、それらを分析し、製品を通じて触れられるものとして生み出し、感覚の中にある芸術的な世界、そして前向きな世界をつくることに貢献しています。

PAGE TOP